読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa-nのブログ

JADE、KLX125、ツーリング仕様のCA700乗りです。ツイッターもやってます。(@Masa_CA700) 写真の無断転載禁止。たまにブルベに出場しています。(2014:BRM119千葉200km、BRM510千葉200km、BRM524千葉400km完走。2016:BRM507千葉200km完走、BRM625埼玉600kmアタック磐梯山完走、BRM716千葉300km八溝山完走、BRM917千葉600km完走)

北海道(道東→道北)キャンプツーリング その3(8/21)

 4:30頃に起床。目が覚めたタイミングでは雨は降っていなかったが、トイレに行ってる間にザーザー降りになってしまった。トイレ前で雨宿りしていたが、 やむ気配はないので意を決して自転車を置いている炊事場へ。昨日の残りのおにぎりとバナナを食べ、荷造りをした後、急いでテントのペグを外して炊事場に避難する。炊事場でテントをスタッフバッグにつめて、6:45頃に出発する。坂を下ってすぐのところにあるセイコマで追加の朝食と補給食を買う。

 

 昨日から電光掲示板に表示されるのはずっとHeavy rainでした。

 
オホーツク海沿岸の国道を網走方面へ進んでいく。今日もずっと雨。かなりの降水量で、大雨洪水警報がでていた。晴れていればウトロから観光船に乗って知床岬まで行きたかった。浜小清水の道の駅隣にあるお店で、あったかいカレーパンを食べる。ここのお店は総菜が豊富である。浜小清水前浜キャンプ場が目と鼻の先にあるので、次回使ってみたい。

 トウフツ湖沿いで景色がとてもよい(はず)

 

網走を通過し、途中のセイコマで補給してさらに進む。ここらへんで、心身ともに疲れ切ってしまったので、今日のキャンプ場ではログキャビンを借りることに決める。今日くらいは…ね。

 網走から常呂までの区間は、オホーツクサイクリングロードが整備されている。このサイクリングロードは湧網線の跡地に作られている。そのためか、かつての駅を再利用した休憩所などの施設がある。全体的によく整備されていて、走りやすい…はずなのだが、連日の豪雨で路上に落ち葉や枝が散乱しており非常に走りづらい。

 

 

f:id:Masa-n:20160909000430j:plain

 (かなりの湿気でカメラを取り出すとあっという間にレンズが曇る。レンズ拭きで拭きながらなんとか撮影。)

 

こんだけ雨が降っていれば冠水ぐらいするさ。

 常呂川は氾濫寸前でした。


午後は途中雨が上がることもあった。

 

 こうやって太陽光が射しているのは、この旅初めてである。

そして、キャンプ場近くのセイコマで晩酌用のビールとお一人用ジンギスカンと野菜を買う。17:00頃に上湧別の五鹿山キャンプ場に着。研修棟に北海道の某大学の自転車部集団が宿泊していた。管理人のおっちゃんが言うには、ここ3日くらい雨のため停滞しているらしい。停滞したくなる気持ちはよくわかるし、雨の中走るのは危険かつ自転車にもダメージを与える。しかし、僕は先に進まねばならないのだ…!

 
指定されたログキャビンはキャンプ場のはしっこなのだが、炊事場とシャワー棟が近くて悪くない。まずは米を水に浸す。ログキャビン内でロープを張り、濡れたテント、シュラフ、着替え、雨具などをひたすら乾かす。しかし、湿度は高いのでちゃんと乾くかどうかは微妙。シャワーを浴びた後、炊飯を開始。セイコマの味付け済みのジンギスカンを野菜と一緒に炒めるだけのお手軽料理だが、これはうまい。癖になりそう。後、かっておいた納豆も食べた。

 

食後、後片付けをしてシュラフに潜ると眠くなってきた。今日は雨の中よく走った。23時頃就寝。

 

本日の走行距離:169.2km

f:id:Masa-n:20160909002638j:plain