読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa-nのブログ

JADE、KLX125、ツーリング仕様のCA700乗りです。ツイッターもやってます。(@Masa_CA700) 写真の無断転載禁止。たまにブルベに出場しています。(2014:BRM119千葉200km、BRM510千葉200km、BRM524千葉400km完走。2016:BRM507千葉200km完走、BRM625埼玉600kmアタック磐梯山完走、BRM716千葉300km八溝山完走、BRM917千葉600km完走)

北海道(道東→道北)キャンプツーリング その0

前回のブログ記事の通り、8/19-28にかけて北海道へキャンプツーリングへ行ってきました。今までいろんな所を自転車で走ってきましたが、実は北海道を走ったことがなかったのです。夏の北海道は自転車乗りやオートバイ乗りにとって、ツーリングの聖地であり、長年走りたいと思っていたところ今年の夏はまとまった休みが取れそうだったので決心して北海道へ行くことにしました。

今回の旅の目標としては、まず利尻山に登ることが挙げられます。それを第一目標に据えて、どのようなルートをとると北海道を満喫できるかどうかを考えました。岬の先っぽが好きな私としては、宗谷岬には行きたい。宗谷岬に自分の足で辿り着くという喜びを味わいたい、ということを考えると、自ずと北上するというルートが思い浮かびました。あとはどこから北上するかですか、どこかを走破するということを考えると北海道らしい雄大な景色を眺めながらオホーツク海沿岸をひたすら北上すればいいんじゃないかとなんとなく思いました。夏の道東は晴れが多いと言いますし(フラグ)、世界遺産の知床も通過できるし良いんじゃないかと、出発前は考えていました。

出発地は釧路or中標津空港、帰りは稚内空港とすれば利尻・礼文にも回れて良さそうです。野付半島も走りたいと思い、出発地を中標津空港に決めました。

 

f:id:Masa-n:20160831211020j:plain

(今回の旅の実走ログです)

 

f:id:Masa-n:20160831212559j:plain

(中標津の宅配便営業所で荷物を受け取った時の自転車)

 

*********************

●装備について

フロントライト CATEYE Volt1600

        CATEYE HL-EL540

リアライト CATEYE TL-LD610

サイコン CATEYE V3n

GPS Garmin eTrex30x

 

・キャリア

フロントキャリア 日東 M12

         Tubus Ergo

 リアキャリア ミノウラ MT-800

 

・ バッグ類

フロントバッグ オーストリッチ F-702 (with フックキャリアC型)

フロントサイドバッグ オルトリーブ フロントローラークラシック

リアサイドバッグ オーストリッチ S-7

サドルバッグ オーストリッチ SP-731

ウェストバッグ(普段は荷台にくくりつけておく)

 

○リアサイドバッグに詰める物

夏用寝袋

インフレーター枕

OD缶ガス小(新品)

OD缶ガス大(使いかけ)

洗面用具

プラペグハンマー

アルミペグ・鋳造ペグ(前室用)

予備タイヤ(リブモ)

LEDランタン

携帯ポンプ

荷ひも(ネット・ロープ)

輪行袋 オーストリッチ MTB輪行袋

 

クッカー

 スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット

 モンベル フライパン

バーナー イワタニプリムス 2243バーナー

風よけ

バイクカバー

割り箸

食器洗い用洗剤

スポンジ

携帯スプーン

ふきん(手ぬぐい)

まな板・包丁・栓抜き  キャプテンスタッグ マナ板3点セット

蚊取り線香

ロープ

卵ケース

簡易クーラーボックス

コップ

無洗米(現地調達)

 

○フロントサイドバッグに詰める物

NEXUS9、NEXUS9用キーボード、iPod touch、イヤホン

電池類(単3*8、単4*4)、モバイルブースター(10000 mAh *2, 6000mAh *1)

三脚 ベルボン UT-63Q

着替え(自転車用靴下*3 登山用靴下*1、パンツ*2、レーパン*2、長レーパン*1)

着替え(半袖ジャージ*2、速乾ポロシャツ*1、登山用ズボン*1、フリース、長袖インナー*2)

医薬品

虫除けスプレー

 タオル*2、手ぬぐい*2

 

○フロントバッグに詰める物

サイクルグローブ*2、

カメラ NIkon D7100(with AF-S DX 12-24mm、AF-S DX 18-105mm)

シューズカバー

キャップ

レインウェア上下

ヘッドライト

財布・スマホ

携行食糧品

 

○サドルバッグに詰める物

替えチューブ*3

工具類

USB充電用ACアダプタ

 

○リアキャリア直置き

インフレーターマット

テント(クロノスドーム2型)・グラウンドシート

簡易折りたたみ椅子

サンダル

 

 

○リュック(登山用、利尻島へあらかじめ送っておく)

登山靴

トレッキングポール

*********************

サイドバッグ計4個、テント、椅子は、すべて中標津ヤマト運輸営業所へあらかじめ送っておき、現地で受け取ります。

カメラ関係の物がかなりかさばっています。しかし、これははずせない…。

サイドバッグ4個でおよそ20kgですので、荷物の合計はおよそ30kgでしょうか。かなりの重要級です。実際に走ってみて、必要なかった荷物も多かったので今後はもっと減らせるでしょう。

 

自転車は、出発前にギア比を見直し、フロントを48-38-24、リアを11-30の8速にしました。それにあったって、今まで使っていたTIAGRAのリアディレーラーがキャパシティ不足により使えなくなったのでDeoreのRD-M591-SGSに交換しました。これでスパスパ決まるようになりましたが、道中の雨と、長年の経年劣化によるシフトワイヤーのグリス切れ等で変速不調になりました…(結局そのまま走り通しました)

ホイールは、フロントWH-R500、リアWH-RS010です。完組ホイールにおいてはかなり頑丈な代物(だと思っている)ですが、スポークが若干少なめなので不安を抱きつつもそのまま旅立ちました(結果的にはノートラブル)。タイヤはフロントはパナレーサーのグラベルキング26c、リアはコンチネンタルのGRAND PRIX 4SEASON 25cです。空気圧に気をつけていれば大丈夫だろうと思い、重装備の自転車にしてはかなりの細めのタイヤです。万一に備え、予備タイヤも持って行きました。

 

実走記録は、次回以降で…!