読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masa-nのブログ

JADE、KLX125、ツーリング仕様のCA700乗りです。ツイッターもやってます。(@Masa_CA700) 写真の無断転載禁止。たまにブルベに出場しています。(2014:BRM119千葉200km、BRM510千葉200km、BRM524千葉400km完走。2016:BRM507千葉200km完走、BRM625埼玉600kmアタック磐梯山完走、BRM716千葉300km八溝山完走、BRM917千葉600km完走)

BRM716千葉300km(八溝山) ②

ブルベ2016

今回のブルベの反省を踏まえ、ポチっちゃいました。(`・ω・´)

 現在フロントのインナーは28tがついてますが、リアは最大26tなのでフロントに24tをつけることでギア比が驚異の1以下に…!ククク…

 

------------------

八溝山の麓の鳥居からスタートです(14:40頃)。

f:id:Masa-n:20160720223805j:plain

鳥居をくぐると早速斜度10%を軽く超える激坂がお出ましです。ダンシングを織り交ぜながらえっちらおっちらと登っていきますが、路面は若干濡れている上に苔が生えているところが多々見られ、そういう所ではトルクをかけるとツルツル滑ってしまいます。ゆっくり登っているので転けることなく登れますが、これが下りだとやばい…。ここからの登り全区間に渡って、かなりの斜度の中登っていきます(およそ7kmで580mアップ)。GPSのログを見ると、20%を超えている区間も…。フロント28t、リア26tとはいえ、ここまでの斜度だと時速5-6km、ケイデンスが50を下回ったせいか膝に負担がかかり、左膝に違和感が生じてきました。そんな中、なんとかピークまで到達(15:40くらい)。AJ千葉のスタッフの方が出迎えてくれ、どら焼きの差し入れを頂きました。ありがたい…。

f:id:Masa-n:20160720224557j:plain

(どら焼きが少ない。皆さん速い。)

汗でジャージがびっちょりなので、上にレインウェアを着て下っていきます。しかし、路面は濡れていたり苔が生えていたりで酷い状況。20km/h前後でゆっくりと下っていきます。

f:id:Masa-n:20160720225757j:plain

f:id:Masa-n:20160720225919j:plain

ちょっと下ると、キューシートで予告通り砂利道区間の始まり。これが福島険道377号線だ(KLX125でまた来たい)

f:id:Masa-n:20160720224925j:plain

f:id:Masa-n:20160720224957j:plain

f:id:Masa-n:20160720225035j:plain

7/15は結構な雨が降っていた関係か、所々がぬかるんでいます。泥除けが文字通り活躍してくれました。

以降、写真はありません。

 16:55頃にPC3@セブンイレブン棚倉下志宝店着(174.8km地点)。貯金は1h45minくらい。お腹の調子は悪くないので、おにぎり3個を味噌汁で流し込みます。ながめに休憩し、17:25頃出発。

ここからPC4までは、小峠を繰り返して福島県を脱出する区間です。この小峠がくせ者で、いったいいくつあったのか…。特に、一番最後のR349矢祭ー常陸太田間の登りがひたすら長く感じました。

そして、21:20頃にPC4@ファミリーマート常陸太田里美店着!(245.3km地点)。貯金は2hくらい。あとは下り+平坦なので、完走が見えてきました。

やはりお腹の調子は悪くないので、ここではかき揚げそばを食します。しかし、水分を取り過ぎたせいか、ここらへんからトイレが近くなりだしました。なかなか適量が難しい。

あとはのんびりゴールまで走るだけです。

大洗直前で激坂がちょっとだけありました。

0:30頃にゴーーーーール!(タイムは17h30minくらい)

スタッフの方に暖かく迎えられました。いつもポトフやゆで卵をありがとうございます。疲れた体に染み渡る。

ゴール後車に自転車を積み、眠気覚まし飲料を飲んで車を走らせて帰宅しました。

 

------------------

 今回は補給がうまくいったのが完走できた要因の一つに挙げられるでしょう。真夏のかんかん照りの中補給がうまくいくかはわかりませんが、多少自信がつきました。

あとは、登りをいかに攻略するかどうか…。とりあえずもっと軽いギア比を試して見ようかと思います。それと、今夏は荷物満載でキャンプツーリングしたいですな。それで登れば鍛えられる…はず…。

 

キツいブルベでしたが、終わって振り返ってみると楽しいブルベでした。AJ千葉のみなさま、ありがとうございました。